NEWS

新着情報一覧

株式投資型クラウドファンディング実施後の資金調達の円滑化と投資者に対する有効なイグジット手段の提供に資するため、「株主間契約」をリリースいたします。

スタートアップ企業のイグジットは、IPO(株式の新規公開)だけではありません。既存の大手企業やIPOしたばかりの新興企業、未上場のベンチャー企業等がスタートアップ企業をM&A(株式取得等)によって取得することもあります。むしろ、実際上のイグジットとしてはIPOよりM&Aの方が実現可能性は高いということもできるでしょう。

しかし、問題があります。それは、ECF実施後は数百人の株主が存在することです。会社の意思決定は株主の意思に反して行うことはできません。特に株式取得によるM&Aのケースで、買収側が全部の株式の取得を希望する場合、ひとりでも反対する株主がいれば、その買収を実現することはできません。そこで有効に機能するのが、今回リリースする「株主間契約」です。

この株主間契約は発行者のためだけでなく、投資した株主にとっても有益なものです。スタートアップ企業へ投資したみなさまにとって資金回収の手段は限られており、M&Aはそのための有力な手段であり、この株主間契約は、M&Aというイグジットの機会を最大限に活かすことのできる仕組みといえます。

当社は、この株主間契約を利用したECFの実施により、発行会社にとっては、さらなる成長のための資金調達を円滑に進めることができ、投資者にとっては、より現実的な投資資金回収の途を提供することができるものと考えています。

当社は、スタートアップ企業の支援および未上場企業への投資機会の最大化のため、引き続き様々なサービスの開発、向上を図ってまいります。

株主間契約の内容につきましては、「株主間契約について」および「株主間契約(ひな型)」をご覧になってください。

※「株主間契約について」はこちらからご覧ください。
※「株主間契約(ひな型)」はこちらからご覧ください。

【重要】携帯各社新料金プランahamo・povo・LINEMOにご変更予定または検討中のお客様へのご案内

日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

携帯電話各社が提供する次の新料金プランへ変更予定のお客様で、ドコモ・ソフトバンク・au・ワイモバイルのキャリアメールアドレスをご登録いただいているお客様へご案内いたします。

・docomo「ahamo」

・au「povo」

・SoftBank「LINEMO」

「ドコモ」「ソフトバンク」「au」「ワイモバイル」から上記新料金プランに変更されると、下記ドメインのメールアドレスが利用できなくなります。

@docomo.ne.jp

@softbank.ne.jp

@i.softbank.jp

@●.vodafone.ne.jp

@ezweb.ne.jp

@au.com

@ymobile.ne.jp等

新料金プランへ変更をおこなうお客様は、プラン変更後に、当社からの申込受付やご入金のお知らせなどのメールが受け取れなくなりますので、サイトの「マイページ」より登録メールアドレスの変更をおこなっていただきますようお願い申し上げます。

メールアドレスの変更:マイページ > 会員登録情報 > メールアドレス・パスワード変更

*「ahamo」「povo」「LINEMO」に関するお問い合わせは、当社ではお答えいたしかねますので、ご不明な点は各会社までお問い合わせください。

東京理科大学 IMと技術系ベンチャーピッチ「Japan Tech-based Venture Competition 2021」大会を共同開催

当社は、創業前後の上場を目指す技術系スタートアップ企業を対象としたピッチ「Japan Tech-based Venture Competition 2021」を東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社(東京都新宿区、代表取締役:片寄裕市)と2021年5月25日に共催いたします。

 

『Japan Tech-based Venture Competition 2021』は、「テクノロジーで自ら世界を変えていく」を信条とし、日本から次世代の大型テクノロジー企業を輩出すべく、テクノロジーに関わるあらゆるベンチャーを応援する大会です。

大会では書類選考から勝ち残ったベンチャーが、これから世界を変えていく製品・サービスについてプレゼンテーションを行います。

また、Singapore Management University の基調講演や、事後のネットワーキングもオンライン上で予定しておりますので、是非ご参加ください。

 

■Japan Tech-based Venture Competition 2021 概要

名称                     :Japan Tech-based Venture Competition

開催日時              :2021年5月25日(火)13:00~18:00

参加                      :無料

開催方法               :ウェビナー形式

内容                      :書類審査後のファイナリスト最大8社によるプレゼンテーション

主催                      :東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社

共催・協賛           :東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社

一般社団法人 東京起業推進センター(TEIC)

株式会社ユニコーン

詳細                     :https://www.fujimi-crosspoint.com/japan-tech-venture-competition

 

 

■ピッチ出場者を募集中

『Japan Tech-based Venture Competition 2021』では現在、ピッチに出場いただける方を全国的に幅広く募集しております。本大会は、創業前後の上場を目指す技術系スタートアップ企業にとって、以下のメリットが期待できます。

・優勝賞金50万円、準優勝賞金20万円を提供。副賞としてインキュベーションオフィスTHE CROSSPOINTのオープンスペースを一定期間無料で利用可能

・協賛、後援企業等との新規事業、技術開発、メンタリングの可能性

・大学との産学連携を希望する企業に対し、主催者がワンストップとなって連携

・後援に入る公的機関へのアクセスや協業の機会を提供

・資金調達を検討している企業にとって、VC・CVC等へのアピールの場となる

・出場企業間の連携

・主催者が海外連携先と協働してベンチャー企業が海外展開していく際のサポートを行う

 

《概要》

大会までのスケジュール:

・一次予選 提出締め切り:4月28日(水)※ 17:00 オンラインフォームにて提出

※コロナ対応その他多方面からのご要望により一時予選締切を従前4月15日から4月28日まで延期いたします。

・一次予選 結果発表        :5月  5日(水)12:00 エントリー者にのみ連絡

・本選                              :5月25日(火)13:00より オンラインにて開催予定

応募資格:次のいずれかに該当する事業者様

1)創業されて5年以内の方
2)上場を目指している方
3)技術系ベンチャーを起業準備中あるいは法人登記済の方

また、応募には業種の制限はありませんが、応募テーマに合致した製品・サービスを有している方。創業5年を経過していても、具体的に上場を目指す計画がある場合は応募可能です。詳しくは大会運営事務局までお問合せください。

 

賞金(予定)       :優勝50万円、準優勝20万円、副賞付

(副賞は、インキュベーションオフィスTHE CROSSPOINTを1年間無料でご利用いただける権利です)

スポンサー賞  :順次公開予定

イベントサイト :https://www.fujimi-crosspoint.com/japan-tech-venture-competition

 

申込フォーム         :https://www.fujimi-crosspoint.com/jtvc-application

 

審査員には、東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社の代表はもちろん、金融関係企業、IT企業、大学関係者など多方面にわたる約10名の方を予定しています。

 

■お問い合わせ事務局
企業名: 東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社
インキュベーション事業部 クロスポイント事務局
担当者: 本間、松本
メール: Incubation@tusim.co.jp
電話:03-5225-9020

 

募集案件のお申込金の振込口座について

弊社募集案件のお申込金の振込口座についてご案内いたします。

これまでは、案件にかかわらず1つの弊社口座にお振込をおこなっていただいておりましたが、次回募集案件(株式会社チームAIBOD)より、案件毎に振込口座をご案内する取り扱いに変更させていただくことといたしました。

具体的には、お申込が確定すると、これまで通り弊社から 【お申込の受付及びお振込み方法のご案内】 の件名で、振込口座等の詳細が記載された申込み確定メールを配信いたしますが、振込先の銀行口座がこれまでとは異なる場合がございますので、メール文中に記載された支店名・口座番号を必ずご確認いただき、その指定口座へお振込みいただきますようお願い申しあげます。

弊社といたしましては、今後も、魅力ある募集案件を継続的に提供してまいる所存ですが、案件の募集日程によりましては、入金日程が重なるケースが出てくる可能性もあるため、今回このような取り扱いに変更させていただくことといたしました。

今回の変更は、会員のみなさまのお申込金のお振込みを確認するうえで重要な変更となります。

みなさまにおかれましては、ご理解・ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。

システムトラブルに関する経営責任について

3月16日、第17号案件Medical AI LABの申込み開始にあたり、システムトラブルの影響で、約1時間、申込みの受付けができない事態が生じ、会員のみなさまに多大なご迷惑をおかけしましたこと、あらためて心からお詫び申し上げます。

当社は、株式投資型クラウドファンディング業者として、将来の成長が見込める有望企業をみなさまにご紹介し、企業とともに成長を支援してまいりたいと念願し、そのことがひいてはみなさまのご資産の運用にも資すると考え、この事業を始め、経営を行ってまいりました。会社経営の基礎にあるのは、みなさまからの信頼、信用であります。

これまで、昨年10月の第9号案件、本年2月の第16号案件においてもシステムトラブルが発生し、その都度社内体制の整備に取り組んでまいりましたが、残念ながら今回も会員のみなさまにご迷惑、ご心配をおかけすることになり、忸怩たる思いがしております。

今般、これらのシステムトラブルに関する経営責任を明確にするため、代表取締役2名の役員報酬を一部辞退することとしました。

具体的には、代表取締役最高経営責任者である安田次郎の役員報酬を3ヵ月間10%カット、代表取締役最高執行責任者である一村明博の役員報酬を1ヵ月間10%カットすることといたしました。

今後は、システムを含めた管理体制強化のため、人材の補強や外部委託先の再検討など抜本的な対策を講じてまいる所存であります。

そのうえで、当社は、今後も引き続き魅力ある投資案件のご紹介に努めてまいります。

どうか、みなさまにおかれましては、今後も当社を見守っていただき、変わらぬご支援を賜わりたく、衷心よりお願い申し上げる次第でございます。

令和3年3月19日

株式会社ユニコーン
代表取締役最高経営責任者
安 田 次 郎

1 2 3 13