NEWS

「 会社情報 」カテゴリー記事一覧

株式投資型クラウドファンディング実施後の資金調達の円滑化と投資者に対する有効なイグジット手段の提供に資するため、「株主間契約」をリリースいたします。

スタートアップ企業のイグジットは、IPO(株式の新規公開)だけではありません。既存の大手企業やIPOしたばかりの新興企業、未上場のベンチャー企業等がスタートアップ企業をM&A(株式取得等)によって取得することもあります。むしろ、実際上のイグジットとしてはIPOよりM&Aの方が実現可能性は高いということもできるでしょう。

しかし、問題があります。それは、ECF実施後は数百人の株主が存在することです。会社の意思決定は株主の意思に反して行うことはできません。特に株式取得によるM&Aのケースで、買収側が全部の株式の取得を希望する場合、ひとりでも反対する株主がいれば、その買収を実現することはできません。そこで有効に機能するのが、今回リリースする「株主間契約」です。

この株主間契約は発行者のためだけでなく、投資した株主にとっても有益なものです。スタートアップ企業へ投資したみなさまにとって資金回収の手段は限られており、M&Aはそのための有力な手段であり、この株主間契約は、M&Aというイグジットの機会を最大限に活かすことのできる仕組みといえます。

当社は、この株主間契約を利用したECFの実施により、発行会社にとっては、さらなる成長のための資金調達を円滑に進めることができ、投資者にとっては、より現実的な投資資金回収の途を提供することができるものと考えています。

当社は、スタートアップ企業の支援および未上場企業への投資機会の最大化のため、引き続き様々なサービスの開発、向上を図ってまいります。

株主間契約の内容につきましては、「株主間契約について」および「株主間契約(ひな型)」をご覧になってください。

※「株主間契約について」はこちらからご覧ください。
※「株主間契約(ひな型)」はこちらからご覧ください。

【重要】携帯各社新料金プランahamo・povo・LINEMOにご変更予定または検討中のお客様へのご案内

日頃は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

携帯電話各社が提供する次の新料金プランへ変更予定のお客様で、ドコモ・ソフトバンク・au・ワイモバイルのキャリアメールアドレスをご登録いただいているお客様へご案内いたします。

・docomo「ahamo」

・au「povo」

・SoftBank「LINEMO」

「ドコモ」「ソフトバンク」「au」「ワイモバイル」から上記新料金プランに変更されると、下記ドメインのメールアドレスが利用できなくなります。

@docomo.ne.jp

@softbank.ne.jp

@i.softbank.jp

@●.vodafone.ne.jp

@ezweb.ne.jp

@au.com

@ymobile.ne.jp等

新料金プランへ変更をおこなうお客様は、プラン変更後に、当社からの申込受付やご入金のお知らせなどのメールが受け取れなくなりますので、サイトの「マイページ」より登録メールアドレスの変更をおこなっていただきますようお願い申し上げます。

メールアドレスの変更:マイページ > 会員登録情報 > メールアドレス・パスワード変更

*「ahamo」「povo」「LINEMO」に関するお問い合わせは、当社ではお答えいたしかねますので、ご不明な点は各会社までお問い合わせください。

募集案件のお申込金の振込口座について

弊社募集案件のお申込金の振込口座についてご案内いたします。

これまでは、案件にかかわらず1つの弊社口座にお振込をおこなっていただいておりましたが、次回募集案件(株式会社チームAIBOD)より、案件毎に振込口座をご案内する取り扱いに変更させていただくことといたしました。

具体的には、お申込が確定すると、これまで通り弊社から 【お申込の受付及びお振込み方法のご案内】 の件名で、振込口座等の詳細が記載された申込み確定メールを配信いたしますが、振込先の銀行口座がこれまでとは異なる場合がございますので、メール文中に記載された支店名・口座番号を必ずご確認いただき、その指定口座へお振込みいただきますようお願い申しあげます。

弊社といたしましては、今後も、魅力ある募集案件を継続的に提供してまいる所存ですが、案件の募集日程によりましては、入金日程が重なるケースが出てくる可能性もあるため、今回このような取り扱いに変更させていただくことといたしました。

今回の変更は、会員のみなさまのお申込金のお振込みを確認するうえで重要な変更となります。

みなさまにおかれましては、ご理解・ご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます。

システムトラブルに関する経営責任について

3月16日、第17号案件Medical AI LABの申込み開始にあたり、システムトラブルの影響で、約1時間、申込みの受付けができない事態が生じ、会員のみなさまに多大なご迷惑をおかけしましたこと、あらためて心からお詫び申し上げます。

当社は、株式投資型クラウドファンディング業者として、将来の成長が見込める有望企業をみなさまにご紹介し、企業とともに成長を支援してまいりたいと念願し、そのことがひいてはみなさまのご資産の運用にも資すると考え、この事業を始め、経営を行ってまいりました。会社経営の基礎にあるのは、みなさまからの信頼、信用であります。

これまで、昨年10月の第9号案件、本年2月の第16号案件においてもシステムトラブルが発生し、その都度社内体制の整備に取り組んでまいりましたが、残念ながら今回も会員のみなさまにご迷惑、ご心配をおかけすることになり、忸怩たる思いがしております。

今般、これらのシステムトラブルに関する経営責任を明確にするため、代表取締役2名の役員報酬を一部辞退することとしました。

具体的には、代表取締役最高経営責任者である安田次郎の役員報酬を3ヵ月間10%カット、代表取締役最高執行責任者である一村明博の役員報酬を1ヵ月間10%カットすることといたしました。

今後は、システムを含めた管理体制強化のため、人材の補強や外部委託先の再検討など抜本的な対策を講じてまいる所存であります。

そのうえで、当社は、今後も引き続き魅力ある投資案件のご紹介に努めてまいります。

どうか、みなさまにおかれましては、今後も当社を見守っていただき、変わらぬご支援を賜わりたく、衷心よりお願い申し上げる次第でございます。

令和3年3月19日

株式会社ユニコーン
代表取締役最高経営責任者
安 田 次 郎

福島イノベーション・コースト構想推進機構 FukushimaTechCreateのサポーターに参加しました

当社は、株式投資型クラウドファンディングプラットフォーム「Unicorn」を通じ、首都圏のみならず、日本全国のベンチャー企業支援を行うことにより、地方活性化の一端を担う会社でありたいと思っております。
このたび福島イノベーション・コースト構想推進機構の取組みに共感し、Fukushima Tech Createサポーター企業として参加させていただくことになりました。

■福島イノベーション・コースト構想(https://www.fipo.or.jp/

2011年に発生した東日本大震災及び原子力災害によって失われた浜通り地域等の産業を回復するために、新たな産業基盤の構築を目指す国家プロジェクトです。

■FukushimaTechCreate(https://www.fipo.or.jp/ftc

福島イノベーション・コースト構想推進機構では、新たに「起業・創業」の支援に着手します。 新たな事業「Fukushima Tech Create」は、3つの事業から構成され、浜通り地域等15市町村において「起業・創業」を目指す企業や個人等を支援します。
この「Fukushima Tech Create」では、プログラムの参加者に対して「起業・創業」の専門家からビジネスプラン策定、経営アドバイス等の支援等を受けられるだけでなく、最大1,000万円までの試作品開発、市場調査等を行うための「助成金」を受けられることに加え、「Fukushima Tech Createサポーター」による支援により事業化へ導きます。

■株式会社ユニコーン

第一種少額電子募集取扱業者として株式投資型クラウドファンディングプラットフォームを運営。志の高い起業家とそれに共感し応援する人々をつなぐOnly Oneの「起業家支援型プラットフォーム」の構築を目指しています。

※株式投資型クラウドファンディング業務により取り扱われる有価証券は、金融商品取引所の上場有価証券等ではなく、非上場の株式であるため、取引の参考となる気配や相場は存在しません。そのため、換金性が著しく乏しく、売却したい時に売却ができない可能性や売却価格が希望する価格よりも大幅に低下する可能性があります。また、発行会社の業績または財産の状況に変化が生じた場合、当該株式の価値が消失する等、その価値が大きく失われるおそれがあります。